親知らず痛い

医師や専門家が深く詳しく解説します

親知らず痛い

医師や専門家が深く詳しく解説します

親知らずが痛い 。。 そういえば、親知らずってなんで痛むんだろう?

公開日
更新日

 
執筆:南部 洋子(助産師、看護師、タッチケア公認講師)
医療監修:株式会社 とらうべ
 
 
大人になってから「奥歯が痛い!」という経験をお持ちの方は、少なくないでしょう。
 
もちろん虫歯の可能性もあります。でもこれは「親知らずが痛い」のかもしれません。
 
たとえ虫歯になっていなくても、痛みが生じる「親知らず」、どうして痛むのでしょうか。
 
 

親知らずとは

 
親知らずは、奥歯の中でもいちばん後ろにある臼歯(きゅうし)で、正式名称は「第三大臼歯」といいます。
 
もっとも多いと、前後左右1本ずつ合計4 本生えています。智歯(ちし)ともいわれ、一般には10代後半から20代になってから生えてきます。
 
人によっては斜めに生えてきたり、または生えてこない場合もあります。
 
 

スポンサーリンク



親知らずが痛む原因

 
親知らずが痛む場合、いくつかの原因が考えられます。
 
これはほかの永久歯と違って、親知らずの生えてくる場所が、キチンと確保されていないために起こることが多いのです。
 
 

親知らずが生える方向が、上向きではない

  • ・まっすぐに親知らずが出ていると、痛みは比較的すぐに治まります。しかし斜めに生えてしまっていると、手前の歯を押してしまう場合があります。骨に引っかかって出てこられず、痛みを感じる、また痛みが続くということがあります。
  •  

  • ・歯茎や頬の粘膜にぶつかって、口内炎ができ、痛みが生じます。
  •  

  • ・頬の側に向かって生えてくると、下顎の骨のでっぱり(筋突起)にぶつかってしまい、痛みます。
  •  

  • ・対合する歯とうまくかみ合わない場合、下顎の動きが不自然になり、顎がガクガクしたり、口を開けるときに音が出たりして、痛みを感じます。
  •  

  • また顎関節症がひどくなると、身体全体にゆがみが生じ、肩や首、腰、膝にまで痛みが出ることがあります。

 
 

きちんと磨くことができず、虫歯になっている場合

  • ・親知らずが突き破った歯茎に汚れが溜まりやすく、口腔内の細菌に歯茎が感染して腫れるため、痛みが出ます。
  •  

  • ・歯と歯茎の間に歯周ポケットができ、汚れが溜まって炎症を起こす場合があります。顎の中に入ってしまい、化膿して痛みだすこともあります。これが進むと喉の組織にまで広がり、喉の中が発赤し、何か飲み込んだだけでも痛くなることもあります。
  •  

  • ・親知らずの手前の歯に虫歯ができてしまい、炎症が起きて痛みが出ます。
  •  

  • ・親知らずの周囲の歯茎が炎症を起こして、痛みがでます。
  •  

  • ・親知らずの隙間に食べかすが挟まり、歯茎が押されて挟まったまま押し込まれ、圧迫されて痛みが発生します。

 
 
親知らずの虫歯を放っておくと、他の病気が発症することもあります。早めに歯医者さんで受診する事が大切です。
 

対合する歯がない場合

・噛み合う相手の歯がない場合、対合の歯茎をかんでしまったり、頬の粘膜に食い込んでしまったりして痛みが起こることがあります。
 
 

親知らずの痛みへの対策

 
あくまでも受診が前提です。
 
以下では歯科医にかかるまで、自分でできる対策を挙げておきましょう。
 

ブラッシングをする

痛いから触りたくないと思い、ブラッシングを避けていると歯茎の炎症は悪化していきます。
 
子ども用の歯ブラシやタフトブラシなどで磨きましょう。歯ブラシの種類は柔らかめを選択してください。
 
また、歯茎に挟まっている食べかすを「糸ようじ」などで取ると、痛みが軽くなる場合もあります。
 
 

うがいをよくする

刺激の少ない「うがい薬」か水で口の中を洗い流して、食べ物のカスが口腔内に残っていないように努めてください。
 
 

親知らずの周囲を外から冷やす

痛みがある部分を頬側から冷やすと、炎症が抑えられて痛みが軽くなります。
 
顎の下あたりのリンパ節を、布で巻いた保冷剤で冷やす、という方法もあります。
 
 

食事のときは、痛い側は使用しない

痛い側は使用しないで、反対側で噛むようにします。
 
痛い側は安静にしたいので、できるだけ柔らかいものを摂るようにしましょう。刺激のあるもの、辛いものなどは控えます。
 
 

休養を取る

疲れがあって体力が落ちていると免疫力も落ち、回復力も弱まります。
 
痛みがあるときは、できるだけ休みましょう。
 
 

痛み止め薬を飲む

痛みがつらいときは、痛み止め薬を使用しましょう。
 
痛みをがまんして食事を摂らないでいると、体力が落ちて回復に影響してしまいます。ひどいときは飲みましょう。
 
しかしそれは歯科医へ受診するまでの、一時的な応急処置だと思ってください。痛み止めを飲み続けるようなことを、しないようにしましょう。
 
 

スポンサーリンク



親知らずに伴う腫れについて

 
親知らずが腫れる原因は、細菌の繁殖によって膿が周囲に溜まることで起こります。
 
身体の抵抗や免疫といった力が落ちている場合に、細菌を外に排出する力がなくなり、腫れが起きます。季節の変わり目や多忙期、寝不足、ストレスなどによって、症状がひどくなってくると思われます。
 
 

「智歯周囲炎」とは

 
「智歯」とは親知らずのことをいいます。その周囲が腫れて、膿や痛みが出る疾患を智歯周囲炎といいます。
 
完全に親知らずが出ていないとか、歯の生える向きが横や斜めだと、手前の歯との間や親知らずの周囲の歯茎に食べカスが入ってしまい、細菌が繁殖して起こるのです。
 
腫れや痛みがでてから1~2週間経つと、症状が落ち着くのでそのままに放置してしまいがちです。しかし、疲れや寝不足などで抵抗力が下がったときに、症状が再びでてきてしまいます。
 
 

智歯周囲炎の症状

親知らずの歯茎の周囲が腫れ、赤くなって押さえると痛みが出ます。だんだん歯茎から膿が出てきて口が開かず、唾を飲むのも痛く、喉が痛みます。さらに、膿がでてくるので口臭がひどくなります。
 
頬や顎の下部分が腫れてきて、そのままだと骨膜炎や蜂窩織炎(ほうかしきえん)になる恐れがあるので、放置は禁物です。
 
 

智歯周囲炎の治療

歯科医受診をします。歯茎の回りを清潔にして、まずは、抗炎症薬を飲みます。膿が溜まっているようならば、切開して出します。症状が治まったら、親知らずを抜歯することになります。
 
 

腫れた場合は早めに歯科へ

 
歯が腫れて痛いならば、すぐに歯科受診をしましょう。病院では炎症の部分を消毒・洗浄をします。レントゲン撮影をして、親知らずがどのような生え方をしているのかを確認します。
 
抗生物質や痛み止め薬で症状を抑えたあと、抜歯が必要ならば、腫れが引いた後に行います。
 
 

歯科医での親知らず処置は?

 
歯科医では親知らずを抜いたほうがよいか、それとも抜かなくてもよいのかの判断をします。
 
正常に上向きに生えている親知らずは、抜く必要はありません。
 
しかし、親知らずが痛いという場合は、生え方に異常がある場合が多く、抜歯するのが一番の解決策、という場合が多いのも事実です。
 
また、女性にとって注意すべきなのが、妊娠中に親知らずが痛くなる場合があることです。
 
できるだけ結婚前に歯の検査はして、親知らずの状態もきちんと管理しましょう。
 
 

親知らずが痛い まとめ

 

  • ・親知らずの痛みの原因は、生え方が横や斜めになっている場合である
  •  
    ・きちんと生えていないために歯ブラシが届かず、磨けていないことが多い
     
    ・親知らずの対合する歯がないときは、歯肉や頬をかんだり当たったりいて痛みが出る
     
    ・痛みの対策は、ブラッシングやうがいをよくすること
     
    ・詰まっているものを取り除く
     
    ・休養を取り体力をつける
     
    ・痛み止め薬を飲む
     
    ・あくまでも応急処置で、根本は、歯科医受診である
     
    ・治療は抜歯する場合としない場合がある

 
 
<執筆者プロフィール>
南部 洋子(なんぶ・ようこ)
助産師、看護師、タッチケア公認講師 株式会社 とらうべ 社長。国立大学病院産婦人科での経験後、とらうべ社を設立。タッチケアシニアトレーナー
 
<監修者プロフィール>
株式会社とらうべ
医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など専門家により、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供
 
 

編集部オススメリンク(外部リンク)

 
関連した情報として以下のものがあります。ご参考にしてください。
 
◆厚生労働省が運営する、生活習慣病予防のための健康情報サイト『e-ヘルスネット』では歯・口腔の健康 用語一覧で親知らずや関連項目が紹介されています。

 
◆Mocosuku運営の姉妹サイト
 
「親知らず抜歯の痛み はどれくらい? 肝心なのは抜歯の後!!!」
 
「親知らずの抜歯費用 はどれくらい必要? 親知らずの状態によって抜歯費用が異なるの?」
 
「親知らずが虫歯になったら、まずは歯医者さんへ!放っておくと、他の病気が発症することも!」
 
◆親知らずとかみ合わせの関係について歯科医が説明した動画
 

 

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。